うらみちお兄さんアニメはいつから?nhkって本当?どこまで放送?

うらみちお兄さんアニメに!

久世岳さんによる
ギャグコメディー漫画

『うらみちお兄さん』

一巻発売当初から
続々重版で
現在100万部のマンガですが
今回満を持して

アニメ化が決定!

当初からアニメ化を望む声が多く、
まさにファン待望の
お知らせとなったわけですが、

今のところキャストの情報だけ?
(2019年10月26日時点)

なので、今回は

アニメはいつから?
nhkって本当?
どこまで放送?

この事について
お話していこうと思います


Sponsored Link

うらみちお兄さんアニメはいつから?

うらみちお兄さんアニメはいつから?nhkって本当?どこまで放送?4

あくまで予想になってしまいますが、

2020年の冬アニメ枠

ではないかと思います。
遅くとも

2020年春アニメ

かと。
今この時点で発表ということは
大体そのぐらいじゃないかと。

これからティザーPVとか
主題歌とか
おいおい発表になると思いますが、

発表して今年の冬アニメ

ということはないと思います。
アニメ化発表から放送まで
一ヶ月は絶対に期間が開きますし、

12月の初めから放送

というのも年の瀬でドタバタ
しかもなんとなく中途半端な時期
そもそも枠開いてない
となると

新年からじゃないかな?

という結論になります。
新年の特番が落ち着いてくる
1月半ばから放送の
冬アニメに足並みそろえる感じかと

時期はそうだとして

そもそもどこの局で放送なの?

信憑性の高い話聞きました。


Sponsored Link

nhkって本当?

うらみちお兄さんアニメはいつから?nhkって本当?どこまで放送?5

NHK放送というか、

NHKEテレでの放送

の説が強いですね。
というのも作中に出てくる
うらみちお兄さんの職場は

『ママンとトゥギャザー』

という番組なのですが、
その番組というのが、
誰しも子供のころは一度見たであろう

『お母さんといっしょ』

をイメージしてるのは間違いないです。
日本語変換したら
タイトル同じなのでイメージというか
そのものだと思います。

その番組がまさに

NHKEテレでの放送

身も蓋もない言い方すれば、
子供の情操教育にいい番組です。
かつてはNHK教育テレビ
と呼ばれてたので。

ということはその裏側を描く
『うらみちお兄さん』
なのでは?

あり得なくはないなと

そもそもNHKは

『忍たま乱太郎』
『カードキャプターさくら』

などなど、
人気アニメを放送していたので、
アニメ自体は普通に
Eテレだったら放送してます。
ということは

NHKアリじゃない?

という話になったようです。
これは個人的な予想の範囲ですが、
Eテレなら

毎週土曜日の17:30~全23話

ってところじゃないかなと。
ワンクールってこれぐらいかと思います。

ワンクールだった場合

どの辺まで放送になるか?

気になるところです。

どこまで放送?

うらみちお兄さんアニメはいつから?nhkって本当?どこまで放送?2

一話一話がそれほど長くなく
一冊に9話が収録され、
今もまだ連載中
新刊も出ますが、

三巻まででは?

全23話ってところを考えると
多分一話の段階で
ウサオの中の人兎原くん
クマオの中の人熊谷くん
以外は

一話で全員紹介されるかと

歌のお姉さんと
歌のお兄さん
は一話で絶対出ると思います。

どう調整して一話にしていくのか
っていうのは気になります。
さらに二巻の巻末から

うらみちお兄さんが大学生だったころのお話

つまり
本編より10年くらい前?
のエピソードが展開されてます。

ちょっと時間軸が違う話が
はじまったりしてて
いや、内容自体は

普通に最高ですけど

それもやるとしたら
どう詰めても

3巻までかと

社員旅行まで
だと思います。
キリがイイですし、
最後はスタジオの機材の辺で

『うらみちさん本番です』
『はい』

みたいなやり取りで終わるような…
どこをどう調節してくるか
そこに期待です!


うらみちお兄さんまとめ

うらみちお兄さんアニメはいつから?nhkって本当?どこまで放送?3

うらみちお兄さんの
情緒不安定具合と
意外にシビアな子供たちと
でもピュアな子供たちとの掛け合いが

最高に面白いです!

単行本買って読むたびに
笑いが止まらなくなります。
仕事中は本気で大丈夫か?レベルですが、
オフのうらみちお兄さんは

ふつうにイケメンです

その辺のギャップがまたこう
笑いに響くんですけれど。
個人的にはオフの方が好きです。

アニメとして新しく息を吹き込まれる
『うらみちお兄さん』

放送が楽しみでなりません!


Sponsored Link

関連記事はこちら

コメントを残す