郵便物を出したとき、
書類を入れ忘れることは稀にありますよね。


特に確定申告や
公的な書類だとすると問題も出てきます。


そんなときは、郵便を戻すことはできるのでしょうか?



基本的なトラブル対処法を紹介します。

郵便(確定申告)で書類を入れ忘れたときはどうする?

郵便(確定申告)に書類を入れ忘れた!戻したいときはどうする?1
確定申告などの郵便物に書類を入れ忘れたなら、
主に以下の方法で解決ができます。

郵便局に連絡する
税務署(確定申告の場合)に連絡する

郵便を出してから、
入れ忘れに気づいたタイミングで方法を変えましょう。


すぐに気づいたなら、
郵便の発送を止められるかもしれません。



時間が経っていて、
すでに相手に届いているときは
相手に連絡することになります。

郵便を戻したいときはどんな手続きが必要?

郵便を出した当日中、
または相手に届く前に気づいたときは、
以下の方法で郵便の発送を止めましょう。

郵便局に行って手続きをする
郵便局に電話をかける

どちらの場合も、
取戻し請求を行います。


手続きには本人確認書類と、
規定の手数料
が必要です。



ただし、すぐに気づいたときは
手数料無料で戻せることもあるようです。


しかし、どんな場合でも消印付きの切手は使用できなくなり
送料分は無駄になってしまいます。

確定申告の書類の入れ忘れはどんな対応になる?

郵便(確定申告)に書類を入れ忘れた!戻したいときはどうする?2
郵便の取戻し請求が間に合わないとき、
確定申告なら税務署に電話をかけましょう。


状況によって判断は異なるようですが、
以下のような指示が多いようです。

再度訂正の確定申告書類を送る

確定申告書類は、
期間内なら大きな問題もなく修正が可能です。


訂正として、新しく書類を送ると
そのまま最新として受け付けてもらえます。



ただし、一部の書類を添付してしまっているなら
その旨は記載の必要があるでしょう。

別途入れ忘れた書類のみ郵送する

入れ忘れた書類が添付書類で、
訂正の必要がないときは
別途追加で送るケースもあります。


ただし、税務署員の判断によるため
自己判断で送るのは避けましょう。

戻ってきた控えと一緒に再度税務署に持っていく

確定申告書類を提出すると
控えを戻してもらう人は多いでしょう。


控えと一緒に追加書類を持っていくと
受け付けてもらえるケースもある
ようです。



ただし、この方法も税務署員によって
判断が異なるため
事前にどうすればよいか確認しておきましょう。

郵便(確定申告)で書類を入れ忘れたらどうするまとめ

重要な郵便物に書類を入れ忘れると
慌ててしまうことも多いでしょう。


郵便を戻す方法もありますが、
追加で受け付けてもらう方法もある
ので
状況に合わせて選択しましょう。